メル友は相手の事を考えて楽しさを演出する

特におじさん層に注意してほしいのですが、今どきのメル友とのメッセージのやり取りに長文はNGです。
言いたい事があって文章が長くなってしまう場合でも複数に分けて配信するのがベストです。
しかしそうなると結局こちらから一方的に1行であれ文章を贈っているので、結局は10回送信したとしたら10行の文章になってしまい若い女子は読む気が失せてしまいますし、嫌われるパターンになります。

 

では長文を女子に送信する場合はどうすればよいのか?
それは相手の反応に対して文章を変えて行く戦法です。
何だか難しく感じてしまいますが、直接会って会話をしているのをイメージして下さい。
相手は相槌も打ちますし、意見も言ったりしますよね?
そう言う感じでまず最初は言いたい事をまとめて送信します。
相手の反応があってから返信があってから続きのメッセージを入力して行きましょう。
こう言った会話形式にしていくと相手も読むのが面倒とも思いませんしストレスを感じさせることもないです。

 

そして最も重要なのが、絵文字や顔文字は当然ですが、LINEで言うスタンプなどの賑やかな画像を使うのがポイントです。
静止画像や動くGIF画像などを織り交ぜて飽きないように楽しくユーモアたっぷりな感じを心がけて下さい。
LINEの場合でもViberにしても有料のスタンプ画像も多いですが、可愛らしい使えそうな無料画像も沢山あるので、あらかじめ沢山ダウンロードしておきましょう。

 

また音やSEが鳴る画像もあり一層楽しくメールを交換する事ができます。
スマホなら容量が小さ目な動画も簡単に送受信できますし面白い動画を送り合ったり、自撮りしたお気に入りの写真、インスタ栄えする写真など送り合って楽しむのも今どき女子のハートを掴む方法です。
とにかくメル友とは女性を飽きさせないように、楽しませる事を一番に考えて、つまらない長文の文字だけのメッセージは絶対にやめておきましょう。
楽しさを演出しながら想いを使えるのがメールテクニックです。